有効成分が消臭してくれる?クリアネオが効かないときの対処法

殺菌と制汗のダブルの成分が効くクリアネオ

ワキガに効果抜群だと評判のクリアネオですが、その有効成分は殺菌と制汗との二つの効果をもたらしてくれます。
殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノール、制汗成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛が臭いの元に働きかけ、さらに皮膚表面の臭い対策として、柿渋エキスも配合されています。
これがクリアネオの効果の秘密なのですが、中には効かないと感じる人もいるようです。

 

体質やそのワキガのタイプによっても効果に差はあるようですが、正しく使用していなければ効果は半減しますし、ちょっとした工夫でより効果的に使うことができるかもしれません。

 

事前の準備と重ね塗りで臭いをカット

いくら臭いをカットするといっても、塗る箇所が不潔だとちゃんと効果を発揮することができません
クリアネオを塗る前に汗や汚れをきちんと落とすことが大切ですが、古くなった角質が邪魔をして成分が浸透できないこともあるので、事前にピーリングなどで角質を落としてみると効果がアップする可能性があります。

 

また、朝晩使う以外にも汗をかいたらまめに塗り直したほうが良いでしょう。こういったワキガ対策用品はべたつくことがあり、重ね塗りには向かないというのが一般的ですが、クリアネオの場合サラサラした使用なので不快感がなく、即効で消臭してくれます。